沖田法瀧

コンテンツ

携帯の方はこちら

トップページ

プロフィール

鑑定依頼の前に

鑑定依頼

ブログ

メディア情報

京都北白川不動院

振込、代引
ご希望の方

念珠

塩・かやの実など

クレジット決済
ご希望の方

念珠

塩・かやの実など

お問合せ

梵字
宇井妍鳳(ういけんほう)

文責・サイト管理
文月おりえ
鑑定のご予約
070-6516-3239

鑑定前のご質問など
042-400-0371
(あやかクリエイション
株式会社)

※お問合わせメールをお送り頂く際に、Yahooのメールをご利用の方は、こちらからの返信が迷惑フォルダに振り分けられる可能性が高いので 返信がないと思われた場合には迷惑フォルダをご確認ください。

沖田法瀧

「一人でも多くの人の人生に、たった1分でも笑顔でいられる時間が増えれば良い。
私の霊能力が何かのお役に立てるのなら、こんなに嬉しいことはないんですよ 」

これが、沖田法瀧の口癖だ。
彼女の慈愛に満ちた太陽のような微笑を見ていると、それだけで救われると云う人は多い。

不動明王
近畿三十六不動尊霊場会にて
得度を受け、先達となる。

真言宗別格本山千光寺にて
得度を受け、先達 沖田法瀧となる。

托鉢許可証取得
真言宗別格本山千光寺別院 法瀧庵


■役行者三十六ヶ寺  巡礼5回
■近畿三十六不動尊 巡礼5回
■四国八十八ヶ所   巡礼4回
その他、各地巡礼多数

名前の由来

法とは、さんずい扁に「去る」と書く。
つまり、この世の憂さ、人々の悩みや苦しみを受け止め、
すべて水に流すかのように消し去れる者になるように。
それでも流しきれないものは、
龍に持って上がっていただけるようにとの意味がある。

何年か前に他界した、法瀧の修験道の先輩である阿闍梨の南氏が名づけた。
法瀧は先輩が込めた想いを受け止め、今日も悩める人々を苦悩から解放するため修行に励んでいる。

法瀧

私には少しだけ特殊な能力があります。
けど、所詮は人間なんです。
腹のたつこともあれば悔しいこともある。

でも、それで良いと思うんです。
素直な感情を否定することの方がおかしい。
ただ、その湧いてきた感情というのは持って行き方、
考え方一つで妬みや憎しみではなく
自分を成長させる糧になるはずだと思うんです。

どう考えれば人を憎まず恨まず、
腹を立てずに穏やかな気持ちでいられるのか。
それを教えてくれるのが密教で、
私にとっての不動明王だと思っています。


霊能力

霊能者と自称する人たちにありがちな高みからの言葉が、法瀧にはない。
意見を押し付けるのではなく、渦中にいる相談者には見えていない道を
そっと教えてくれるような、そんな温かみが、法瀧には溢れている。

手を合わせるようになったのは20代の頃。
30代の頃に、京都北白川 地蔵谷の身代わり不動明王との
運命的な出会いをきっかけに、 霊能力を授かった。

法瀧

不動明王との出会いを
「ほんまに腰が抜けて
立たれへんようになってしもたんよ」 と語る。

現在、多くの人の運命を云い当て、
運勢を切り開くことができる霊視能力を、
法瀧はあの運命の瞬間に京都北白川、
真言宗上醍醐寺別院地蔵谷不動院の
身代わり不動明王より授かったのだ。

信仰

法瀧は一度だけ、不動明王へ手を合わせることをやめたことがある。
それは、3度目の孫の死がきっかけだった。

その子は、肺に穴がある奇病を持って生まれてきた。
出産してすぐの緊急手術。

小さな体に管をたくさん通された孫の姿、心労でやつれていく娘の涙。

法瀧は初めて、不動明王に自らのために頼みごとをした。

「お願いです、どうか、孫を助けてやってください」

法瀧の必死の懇願に、不動明王は、こう答えた。

「この子の運命を変えることはできない。この子は連れていく」

どんなに頼んでも、その願いは聞き届けてもらえなかった。
法瀧は、すべてに失望した。

自分の孫一人助けることができないで、何が霊能者だ、何が不動明王だ。

孫はその後、手術の甲斐もなく他界し、小さな棺を前に泣きじゃくる娘を見て、法瀧は信仰を捨てた。

3年ほど経ったある日、その娘が法瀧に云った。
「お母さんの占いで救われる人はいっぱいいるねん。待ってくれてる人はいっぱいおるやんか」

実際に、その3年間にも法瀧に救いを求めて訪ねてくる人は後を絶たなかった。
法瀧は、娘の説得を受け、ではもう一度だけ、と再び不動明王と対座することに決めた。

言葉

ほんの少し直感が優れているだけで、自らを霊能者と呼ぶ者が多い。
見えるだけ、感じるだけなら、できる人は多いだろうと法瀧はこともなげに認める。
では、他の霊能者と法瀧はどう違うのだと問うと、「その先が大切だと思うんですよ」と彼女は云った。

問題は分かっている。ではそれを、どう解決するのか。
一番大切なのは、そこであると、そう法瀧は云う。

四柱推命や占星術、タロットカードなど、世の中にはあらゆる占術があふれている。
だが、それらは運勢を言い当てはしても、その先を教えてはくれない。

どうすれば、困難を克服できるのか。
どうすれば壁を乗り越え、また回避することができるのか・・・

その解決法は、法瀧が修験道を歩む真言密教にある。

法瀧にとっての真言密教とは、不動明王が彼女に語りかける言葉にある。
不動明王の言葉は、心に直接響いてくる。

その声を聞ける自分でいるために、修験道に命が尽きるまで励むのだと、法瀧は力強く語った。

法瀧

笑ってても泣いてても同じ1分やねんから。
どうせ過ごすなら笑って過ごしましょうよ。

生きてるこの世は修行の場であると、法瀧は云う。
ただ生きてるだけで苦しいこと・悲しいことが
たくさんあって当たり前なのだ。

修行なのだから・・・ と。

当サイトで使用している画像、及び文章の無断転載はお断りいたします。

Okita Horyu All Rights Reserved.
当サイトは沖田法瀧監修の元、文月おりえが管理・運営をしております。